育て方.jp|花、野菜の育て方など

ピカピカ葉牡丹

ピカピカ葉牡丹,プラチナケール,照葉,ルシール系,ピカピカ黒い葉牡丹,スパークリングブラック,光沢,メタリック

プラチナケール 
関連記事
踊り葉牡丹(オドリハボタン) 画像で見る踊り葉牡丹(オドリハボタン)

ルシール系(高性種)
照葉の葉ボタン ルシール「バニラ」と「ワイン」
種をまいてから3日目に発芽してきたプラチナケール。
2012-8-21
DSC_0002プラチナケール3日目-2012-8-21-2.jpg


入っていたプラチナケールの種も少なかったけれど、乱暴に扱ってしまったので発芽率も良くなかった。たったこれだけ・・・
2012-9-13
DSC_0008-2012-9-13-1.jpg


それでも無事これだけ生長しました。
小さく育てようと思っていたので、肥料も少なくしたかもしれない・・・あまり育ちません。
2012-11-20
DSC_0035-2012-11-20-1.jpg


途中の写真が見つからず、いきなり色づいたプラチナケールで登場。
昨年のコムラサキの寄植えの空いたところに入れてみました。
冴えない寄植えのままです。
2013-1-17
DSC_0011-2013-1-17-1.jpg


******************

ピカピカ黒い葉牡丹(スパークリングブラック)

草丈は約80cmとなり、葉枚数うが多く、切り花に向く品種です。
着色部の白色と緑葉のコントラストが美しく、輝きのある緑色のしょくざいとしておすすめできる、今までになかった光沢とメタリックな質感を持ったニュータイプの葉牡丹。

この大きさでの苗からの購入のピカピカ黒い葉牡丹(スパークリングブラック)。
黒に近い紫葉で名前のとおり、ピッカピッカに輝いています。
2013-1-17
DSC_0010-2013-1-17-1.jpg


中心の色は濃いピンクで、とってもきれい!
2013-1-17
DSC_0010-2013-1-17-2.jpg


2種類のピカピカ葉ボタンを一緒に寄せ植えにしました。
単独で見たほうがよかったような・・・現在は全然見栄えがしません。
2013-1-17
DSC_0014-2013-1-17-2.jpg


種をまいて育てたビオラ、セダム「バリダム」、左下は見えませんが、こぼれ種を植えたアリッサムがあります。

スポンサーリンク