育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 球根・多年草

球根・多年草

球根はほとんど植えっぱなし状態です。 多年草は庭や畑に多種類をランダムに植えています。 手間がかからないので重宝しています。

アルストロメリアの花 

アルストロメリア

アルストロメリアの花
我が家の畑の黄色の一季咲きのアルストロメリア。 
もう10年ほど育てているアルストロメリアです。
2007-7-1
DSC03323-6-9-1.jpg

アルストロメリア 
アリストロメリア科  (かってはヒガンバナ科、ユリ科などとされていた)
原産 : 南米
別名 : ユリズイセン

アルストロメリアは南米原産の球根性の植物で多くの種類があります。
熱帯の中南米地方~亜寒帯のチリ南部までの広い地域にわたって510種ともいわれるほど多くの品種が分布しているそうです。

生息地も山間高冷地や砂漠、あるいは森林とさまざまなので、それぞれのアルストロメリアの育った環境で耐寒性や耐暑性に違いがあります。  
一般的にアルストロメリアは冷涼な気候を好むので、日本の夏は多くのアルストロメリアは休眠してします。

アルストロメリアの花色はピンク、黄、紫、白、オレンジなどがあり、花ビラの一部にスジ状の斑点模様(スポット)がつくのが特長ですが、近年は斑点模様のない(スポットレス)も出回っているようです。
2008-7-8
DSC04227-7-8-12.jpg


アルストロメリアは「インカのユリ」と呼ばれるほど見目麗しく、切り花にしても長持ちします。
最後の小さな蕾(つぼみ)まで咲ききるので、それも人気の原因になっていると思います。
関連記事 アルストロメリアの花の入ったフラワーアレンジメント
2008-7-22
DSC04569-7-22-8.jpg

アルストロメリアの花の入ったフラワーアレンジメント

アルストロメリアの花の入ったフラワーアレンジメント

アルストロメリアの花が入った自己流アレンジです。
庭や畑に咲いている我が家の花々で作りました。
アルストロメリアのほかにバラ、チドリソウ、ヒメヒマワリ、カスミソウなどが入っています。
まだ自己流アレンジメントのはじめのころです。
2006年
自己流アレンジ


このアレンジメントもカゴはリサイクルで包装紙は花屋さんで購入しました。
バラやキクの花、つぼみのアルストロメリアで、葉もいい仕事をしてくれています。
2006-12-2
P1010013-2006-12-2-1.jpg


バラと赤いアルストロメリア、白とピンクのカスミソウなどが入っています。
このアレンジは庭や畑の花ですが、新築祝いに持っていったものです。
関連記事
バラの花のフラワーアレンジ(自己流)   
菊(キク)の花のフラワーアレンジ
2011-5-27
IMG_1896-2011-5-27-10.jpg


大体上の画像の花と同じようですが、赤と黄色のアルストロメリアが入っています。
ガラスのコップに入れただけで、フラワーアレンジメントとは言えないかな・・・
2011-5-30
IMG_1986-2011-5-30-5.jpg

アルストロメリア栽培記 茎葉の整理

アルストロメリア栽培記

アルストロメリア栽培記
市販されているものを購入したのですが、ただ「アルストロメリア」としか書いていなかったので品種名はわかりません。
1年間は鉢で育てて、それからは畑に植えっぱなしだったこのアルストロメリア・・
2~3年は芽が出ないでいたので、もうあきらめていたら、2006年の春からポツンと元気のない小さな芽が1本だけ出てきました。
まわりを少し掘って自家製のぼかし肥料を入れたり、薄くした液肥を2~3度やりました。
2007年には花は咲きませんでしたが、大分勢いが出てきました。
そうしたら2008年にはこんなに元気なアルストロメリア①が出てきました。
2008-7-1
アルストロメリア 2008-7-1


死んだふりしていても球根はちゃんと残っていたのでしょうね。
実はこれまでも別の種類でこういうことが何度かありました。
アルストロメリアは芽が出ないからとあきらめないで気長に待ってください。
球根が残っていれば、時間はかかりますが、こういうことも珍しくはないので・・・

30㎝ほどコンテナ用に改良された、コンパクトなタイプはガーデンアルストロメリアと呼ばれています。
この①のアルストロメリアの草丈は20~25cm前後ですから、本来は鉢で楽しむタイプなのでしょう。
コンパクトでも高性もたくさん咲くので、時々フラワーアレンジメントをして楽しんでいます。
アルストロメリアの花の入ったフラワーアレンジメント