育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 球根・多年草

球根・多年草

球根はほとんど植えっぱなし状態です。 多年草は庭や畑に多種類をランダムに植えています。 手間がかからないので重宝しています。

スイセン(水仙)の育て方・花後の管理・栽培記

スイセン(水仙)の育て方・栽培記

荒らしてしまった畑からも芽を出して花を咲かせたスイセン(水仙)

DSC_0006-2015-3-28-1.jpg

スイセンの育て方
スイセンは他の春植えの球根類と同様、一定の寒さに当たらないと開花しない性質があります。
鉢植えのスイセンも冬は外で充分寒さに合わせます。
日当たりと水はけがよい場所であれば、スイセンを育てるのは難しいことはありません。
地植えでは3~4年は植えっぱなしで大丈夫です。

◆スイセンの植え付け
球根なので、水がたまるようなところは避けます。
水はけや保水性のある土壌が適しています。腐葉土を入れて調節します。
低いところは培養土を入れて高く盛ります。

●地植え(庭や花壇)
10~11月に緩効性化成肥料を混ぜて植え付けをします。
日本水仙はもっと早く植え付けます。
間隔は2球入る程度で深さは2球分の土がかかるぐらい。

●鉢植え
市販の草花用培養土に川砂や小粒の軽石を混ぜ、緩効性化成肥料を入れます。
または赤玉土6、腐葉土3、牛ふん堆肥1の割合で配合し、緩効性化成肥料を入れます。

植え付け後の水やり
地植えはよほど乾いた時以外には必要ありません。
鉢植えは鉢土が乾いたら、たっぷり水やりをしてください。

肥料
地植えは緩効性化成肥料を混ぜてあるので必要ありません。
鉢植えも追肥は必要ありませんが、どちらも芽が出た時に液体肥料(リン酸を多く含むもの)を施すと良い花が咲きます。
我が家の水仙(スイセン)です。水仙(スイセン)の種類

花後の管理
◆肥料
スイセンの花が終わったら、花柄を摘み、お礼肥をできるだけ早く施します。
カリを多く含む即効性の化成肥料を、一球当たり茶さじ2杯ぐらい株元にばらまきます。
または液体肥料(カリ分の多いもの)を週一、葉が黄色くなるまで施し続けます。
N・P・K同等量の肥料を施し、カリ分の多いもの(草木灰、もみ殻くん炭など)施しても効果的です。

チッソ分の多いもの(油かす)はお礼肥えには適していません。
油かすはチッソ分が多いので球根が大きくなっても腐りやすくなります。よく昨年は咲いたけど、今年はスイセンの花が咲かないと聞きます。
スイセンのような秋植えの球根は花後に球根を太らせるかどうかで次の年の花に影響します。

スイセンは花後、葉がだらしなく茂るので切りたくなりますが、絶対に切らないでください。
葉を切ると球根が栄養を作れません。自然に枯れるまで待っています。

もうひとつの球根を太らせる条件は光合成を盛んにするために日当たりがよいということです。
最低でも半日以上は日光が当たるところです。
以上がスイセンの花を咲かせるポイントになります。

6月以降になったらスイセンの球根を掘り上げて、日陰の風通しのよいところで乾燥させ、秋まで冷暗所で保存します。
地植えでその場所が邪魔でないなら、スイセンの球根は掘りあげなくてもかまいません。
だいたい3~4年ぐらいを目安に掘りあげます。
スイセンはすごく増えるのですよ。4年も経つと1球が20球ほどになっています。

掘りあげた球根は無理にはがさず、よく乾かしてから分けます。
小さな球根も次の年には咲かなくても、1年間育てれば花が咲くようになります。

球根類は殺菌剤( オーソサイド、ポリキャプタン、ベンレートなど)で消毒すれば完璧なのですが、私はまだ被害がないのでしたことがありません。

翌年の植え付けは大きい球根と小さな球根に分けて植えるところを別々にしたほうがよいです。
小さな球根は養生してから次年にデビューさせます。地植えでそのままなら一緒でいいですが・・
次はスイセン(水仙)の育て方・栽培記です。

シクラメンの葉組み方法

シクラメンの葉組み方法,

シクラメンの育て方や管理はこちら 
シクラメンの育て方 シクラメンの冬~夏の管理と画像

ガーデンシクラメン 冬の管理  夏の管理
ガーデンシクラメンの寄せ植え
原種シクラメン栽培記

シクラメンの葉組み方法
葉組みをすることによって、中の葉にも日光が当たるようになります。
これがシクラメンの花が咲くポイントになります。

月に1~2度、シクラメンの上の葉と日光が当たらなくなっている下の葉を交換させて光を当てるようにします。
そして株の中心部分にスペースをつくると、日光がシクラメンの株の中心まで当たり、小さなつぼみも生長することができ、花が咲くようになります。
自前の太い針金で作った物で、このように丸い輪なら身近にあるものでもいいでしょう。

自前の葉組みのもの


こうして葉を外に引っ張るようにして、シクラメンの中心を日光によくあてるようにします。
これは我が家の夏越ししたシクラメンで、まだ葉が少ないですが、もう少し葉が密生してから行います。

 18-19.JPG


シクラメン栽培農家の友人は2011年の冬はこのようなバンド(リング)で葉組みをしていました。
要らなくなったブレスレットなどでも応用ができますね。
2011-10-9
IMG_7839-10-9-3.jpg


2016年冬のテレビで、下に反射系のビニールシートを敷いて,、底面で水や栄養を吸収するようにした生産者さんへのレポートがありました。
これなら葉組みをしなくてもよいのかな? そこまでは深くレポートがありませんでしたが・・・
個人でも鉢の下に反射するものを敷くと中まで光が届くかもしれませんね。
リンゴやミカンなどでもそうしているようです。

今や植物も手間を省略して、より良いものを大量に生産できるようになりました。
究極は植物工場です。コンピュータで温度、栄養、光など管理し気候に左右されずに収穫できる・・・
すごい時代になってきました。まだまだ変化が激しくなる時代に突入ですかね・・・
それと昔に戻って生産する有機栽培もあり、二極化が主流? いや普通栽培もこのままでトップ?
シクラメンの葉組み方法が横道に逸れてしまいました・・m(_ _)m

ムスカリ 

ムスカリ,畑

畑のムスカリ 
青紫のムスカリと黄色のスイセンと赤白ピンクなど明るい色のチューリップが賑やかに咲いています。
これらは4~5年前(2007年)に植えた球根が殖えてたくさん咲くようになりました (*⌒ー⌒*)
チューリップは元々あったものや毎年購入のものですが・・・
関連記事 
チューリップの育て方 各種のチューリップの寄せ植え
水仙(スイセン)の種類と育て方 スイセンの画像 花後の管理

畑のムスカリ。
2012-4-22
IMG_3033-2012-4-22-3.jpg

ムスカリ  
原産: 地中海沿岸、西南アジア
ユリ科 :  多年草(球根)
別名 :  ルリムスカリ(瑠璃ムスカリ)  ・グレープヒヤシンス  ・ブドウヒヤシンス
花言葉 :  通じ合う心、寛大なる愛、明るい未来、失望、失意、
花期 :  3~4月     
花色 :  青、青紫、水色、ラベンダー、白色など

ムスカリの花はブドウの房を逆さに付けたような花です。
ムスカリの語源はギリシア語の(moschos)「麝香(じゃこう)」からだそうです。

ムスカリは殖えやすいです。
関連記事 ムスカリの育て方 寄せ植えの画像 2007~2009年

ムスカリは一つ一つは小さな花ですが、集まると見事なものですね。
ところどころに水色のムスカリが混じっています。
2012-4-22
IMG_3022-2012-4-22-6.jpg


2011年は東日本大震災があった年で、畑の野菜作りも放射能の関係で躊躇してしまい、草花だけになってしまいました。
場所によっては高い数値が出たりしたようですが、幸いここは筑波山のお陰で避けられたようです。
自家用の野菜畑でしたが、それ以後は草花が主になってしまいました。
一番上の画像を反対側から見たところです。
ここはバラが30本ぐらい植えてあります。遠くにピンクの花が咲いているのは枝垂れ花桃です。
この畑には大きくなった親の枝垂れ花桃があり、タネがこぼれたものを植えたものです。
シダレモモ(枝垂れ桃)
2012-4-22
IMG_3016-2012-4-22-2.jpg

画像にはありませんが、この畑にはいろいろな果樹も植えてあります。
イチジク、柿の木、サクランボ、梅の木、ビワ、フェイジョア、ブドウ、ブルーベリーヤマモモ桑の木、ゴジベリーなど・・
いわゆる混植菜園というのでしょうか・・・


我が家の福ちゃんもムスカリが咲いている畑の中の小道をお散歩です。
※追記
このころが一番幸せな時だったかもしれない・・・3年後の2015年に3匹の猫は相次いで☆になってしまった・・
18年も一緒で孫同然だったので、その喪失感といったら・・(>_<。。)
2012-4-24
IMG_3252-2012-4-24-1.jpg


2013年1月下旬ケガがあり、
恥ずかしながら 靭帯損傷? 闘病記

以後、足のケガが長引き、庭や畑は荒れ放題になってしまいました。
年取ってからケガすると、後遺症で一生引きずっていくしかないのかと・・・ (-_-;)
やはりあの時キチンと治療してリハビリしておくべきだった・・・後悔先に立たず・・
でもまだ何とかなるでしょう・・日常生活の中でリハビリして直しますよ。(医者嫌いなの

さすがに手入れ無しの草茫々なので、ムスカリも半分になり...翌年もさらに減り・・・
ピンクのムスカリも少しあったのですが、殖えずに消滅 (´へ`;)