育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 動物(虫・鳥・猫など)

動物(虫・鳥・猫など)

最初は植物ばかりのカテゴリでしたが、身近なところの虫・鳥・猫などの動物を追加しました。 ムシの苦手なかたはぎょっとするような大きな画像があります。ご注意ください。 でも見続けることで、慣れますよ。私がそうでした。 それから素人ですので、名前などの間違いがあるかもしれません。悪しからず・・・ 幼児期には多様性を持った生物(植物・動物)に触れたりする体験が重要かな・・・と思うこのごろです。 野菜や花には欠かすことのできない虫。 この年になって初めての世界が見え始めてきました。かなり面白くてドップリ状態です。

マルクビツチハンミョウ 

マルクビツチハンミョウ,紺色の金属光沢,死んだ振り,黄色い液体,毒成分

マルクビツチハンミョウ 2015-4-16
DSC_0069-2015-4-16-1.jpg

地面を歩き回っている甲虫を発見。腹部が膨れていて動きは鈍い。

調べた結果、どうもマルクビツチハンミョウらしい・・・
↓マルクビツチハンミョウ 参照 ウィキペディア
春に山野に出現し、動きが鈍く、地面を歩き回る。
全身は紺色の金属光沢があり、腹部は大きくてやわらかく前翅からはみ出す。

触ると死んだ振り(偽死)をして、この時に脚の関節から黄色い液体を分泌します。
この液には毒成分カンタリジンが含まれ、弱い皮膚につけば水膨れを生じるとか・・・
昆虫体にもその成分が含まれているそうで、素手で触るのは大変危険ということです。

お初の昆虫は素手では触らないことにしていますが、まずは触らずに正解でした ( ^o^)ホッ
2015-4-16
DSC_0064-2015-4-16-1.jpg


一方で、微量を漢方薬としても用い、イボ取り・膿出しなどの外用薬や、利尿剤などの内服薬とされたとあります。
毒成分を利用し、薬や健康食品などにしているのがほかにもありますね。
サジ加減が難しいのでしょうが、ハチミツの瓶にスズメバチを入れて販売しているのを見たことがあります。

面白いのはマルクビツチハンミョウの幼虫は花に集まって、花に来た「ハナバチ」の足にくっついて巣に侵入するとか・・・
ハナバチの巣に入れないと死んでしまうので、ツチハンミョウの仲間は1匹でも生き残れるように沢山の子どもを産むということです。

2015-4-16
DSC_0058-2015-4-16-1.jpg

また同じ科のマメハンミョウもカンタリジンを持ち、その毒は忍者も利用したり、中国では暗殺に用いられたともいわれています。
マメハンミョウもすごい毒成分を持っているのですね~(-""-;)

よく子供の時分にニラで釣っていたニラムシことニワハンミョウは毒を持っているのかしら・・?
ハンミョウと付いていてもツチハンミョウとは別の科なので、毒は無いみたいです。

ヒヨドリ

ヒヨドリ,花の蜜が好物,白斑,頬の褐色,渡り鳥,留鳥

ヒヨドリ
2016-3-13
DSC_0046ヒヨドリ-2016-3-13-1.jpg

ヒヨドリ
ヒヨドリ科 ヒヨドリ属

プランターの小松菜を啄ばんでいるヒヨドリ。
ヒヨドリは一羽だけでしたが、50~60センチぐらい離れたところにスズメもいました。
スズメとムクドリは一緒にいるときが多いですが、ヒヨドリも近くにスズメがいても無関心のようでした。
小松菜がそれほどおいしくないからかもしれませんね。

ヒヨドリは木の実やツバキやコブシなどの花の蜜が好物とか・・・
我が家のシデコブシがあります。
最近、毎年のようにシデコブシの花が咲き始まると、もう翌日には鳥が啄ばんだような痕跡があり、全滅になってしまうのです。
このシデコブシの花もヒヨドリのせい・・・?

2012年にロウバイを移植し、今年2016年には花がいっぱい咲きました。
ところが満開のころになったら、ロウバイの花が下にたくさん落ちていたのです。
スズメより大きな鳥が枝によく止まっていたのは見ているのですが、この鳥はヒヨドリだったの・・・?
ムクドリかなと思っていたのですが・・ムクドリはクチバシの色が黄色で、ヒヨドリは黒です。

可愛い顔をしているのになかなかいたずら者ですね。
花を啄ばんだ犯人を全部ヒヨドリにしてしまいました。小松菜以外は現行犯ではないのに・・・

2016-3-13
DSC_0047-2016-3-13-1.jpg


ヒヨドリは頭部から胴体は青みがかった灰色ですが、頬の褐色部分が目立っています。
翼や長い尾羽は灰褐色で、全体的に細長い体型です。

一応、渡り鳥のヒヨドリですが、多くは留鳥となり、日本国内で留まっているそうです。
ヒヨドリは日本列島周辺にいるだけで、世界各地に広く分布していないそうです。
困ったちゃんのヒヨドリですが、世界的にみると珍しい鳥の分類になるようです。
これは窓越しに撮ったのですが、気配を感じるのかまわりを相当気にしていました。
2016-3-13
DSC_0048-2016-3-13-1.jpg


頭が白いのと胸から足にかけての白斑が目立っています。
このブツブツした白斑や頭を見ると、クシでとかして取ってしまいたくなります。

2016-3-13
DSC_0052-2016-3-13-1.jpg

ウバタマムシ

ウバタマムシ,マツの木、モミ類の枯れ木の材を食べて育つ

ウバタマムシ
_DSC0007◎-2013-10-6-1.jpg

ウバタマムシ
分布:東アジアから東南アジア。 日本(本州以南に分布)
体長:24~40mm
少しは光沢があるもののタマムシと比べると地味で、上翅には深い溝とスジ状の隆起が複数あるのが特徴です。
細かい突起物も体全体にあります。
幼虫は弱ったマツの木、モミ類の枯れ木の材を食べて育つそうで、マツ材の梁や柱、家具などから、穴を開けて出てくることがあるそうです。

初めて見る甲虫で、何者か見当がつきませんでした。まさかあのきれいなタマムシの仲間だなんて・・
生木ではなく枯れ木の材を食べるということは、我が家でもマツの木が弱ってきてついに枯れてしまったので、そこから発生したのでしょうか?
建築物のマツはもう建ててから50年になるので、そことは関係ないと思います。
ウバタマムシは産卵から成虫になるまで何年ぐらいかかるのでしょうね? それともよそから飛んできたのかな・・・
2013-10-6
_DSC0013-2013-10-6-1.jpg


ひっくり返してみたウバタマムシ。
2013-10-6
_DSC0021-◎2013-10-6-1.jpg


ウバタマムシの頭部あたりのアップ。細かい突起物があるのがわかります。
2013-10-6
_DSC0016-2013-10-6-2.jpg

また体長はウバタマムシの半分ぐらいのクロタマムシというタマムシもいるそうです。
クロタマムシの分布はアジアからヨーロッパに分布 日本では全国に分布とのこと。