育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 動物(虫・鳥・猫など)

動物(虫・鳥・猫など)

最初は植物ばかりのカテゴリでしたが、身近なところの虫・鳥・猫などの動物を追加しました。 ムシの苦手なかたはぎょっとするような大きな画像があります。ご注意ください。 でも見続けることで、慣れますよ。私がそうでした。 それから素人ですので、名前などの間違いがあるかもしれません。悪しからず・・・ 幼児期には多様性を持った生物(植物・動物)に触れたりする体験が重要かな・・・と思うこのごろです。 野菜や花には欠かすことのできない虫。 この年になって初めての世界が見え始めてきました。かなり面白くてドップリ状態です。

ムシカビ(白きょう病菌)?

ムシカビ(白きょう病菌),固まっている,天敵

ムシカビ(白きょう病菌)?
2016-5-1
DSC_0127-2016-5-1-1.jpg


今年は畑のバラに止まっているアブの仲間がこのような姿で死んでいるのが、いつもより多くいました。
このアブの仲間はアブラムシの天敵になっているので、消毒無しで管理している畑にとってはありがたい存在なのです。
我が家のバラはこれまでアブラムシやオオタバコガ、ヨトウムシに大分やられていましたが、最近は完璧ではありませんが、天敵のおかげでどうやら消毒なしでもなんとかなっています。
ヒラタアブ類だけではなく、テントウムシやクモ類、カマキリ、狩りバチ・寄生蜂、サシガメ類などたくさんの天敵がいます。
関連記事
テントウムシの種類と画像 天敵(てんてき)としてのテントウムシ
家庭菜園 天敵としてのカマキリ
ヒラタアブ類
ハナグモとその獲物たち
ヨコズナサシガメ

どうしてこうなってしまったのかと調べてみるとどうやらムシカビ(白きょう病菌)みたいです。
※素人判断の想像の域ですので、間違っているかもしれません。

↓ハエらしきものが畑のバラのツボミに固まっていました。
老眼が進んだ眼には最初は止まっていると思ったのですが、全然動きがありません。
2016-5-8
DSC_0175バラに-2016-5-8-1.jpg


で、手に取ってみました。上と同じ個体です。
ここにはバラが20本ぐらい植えてあるのですが、ムシカビ(白きょう病菌)があるのは2~3本のバラの木です。
徐々にムシカビ(白きょう病菌)が増殖するのでしょうか?
2016-5-8
DSC_0178-2016-5-8-1.jpg


↓これはは庭の鉢植えのカラドンナにヒラタアブらしいものがムシカビ(白きょう病菌)に感染されているようです。

いろいろな植物に(特にバラには大量発生)にはアブラムシが発生します。
そのアブラムシを食べてくれる有難い天敵のヒラタアブ類が危ない!
このムシカビ(白きょう病菌)はアブラムシには感染しないのかしら?
もし感染したならそれはスゴイことですね。そういうカビはいないのかしら?

あとはアシナガコガネ、マメコガネ、カナブンなどのコガネムシに感染するタイプのカビがあったらいいですね。

ただバラに関してはゾウムシ、チュウレンジハバチはまだ捕殺してはいますが・・・
2016-5-20
DSC_0095-2016-5-20-1.jpg

このムシカビ(白きょう病菌)は一体どのようになるのでしょうか?
あまりにも増え過ぎても、生態系に影響ができるのでしょうね。
ちょうど良い具合に増えるというわけにはいかないものでしょうか・・・?

ヨツボシホソバ

ヨツボシホソバ,ヒトリガ科,食餌草,地衣類

ヨツボシホソバ幼虫
この日は柿の木を2本伐採しました。
ふと見たことあるような無いような毛虫が地面を歩いているのに気づきまいた。
結構早く歩いています。まるでヒトリガの幼虫みたいです。
2016-7-16
DSC_0045-2016-7-16-1.jpg

ヨツボシホソバ
ヒトリガ科
幼虫の食餌草 地衣類

見たことあるようなと思ったのはクワゴマダラヒトリ幼虫に少し似ていたからかもしれない。
でも背中の模様に黒色の横帯が2つあり、脇腹の毛が長くもじゃもじゃしているので、ひょっとしたらカレハガの仲間かな・・?
2016-7-16
DSC_0047-2016-7-16-1.jpg

庭にいたオオスズメバチの女王

オオスズメの女王,大きいスズメバチ

オオスズメバチの女王

_DSC0023◎オオスズメの女王-2014-4-24-2.jpg
2014-4-24

あわてて写したからなのか、ピンボケになっています m(_ _)m
大きさが画像ではわかりませんが、とにかく大きいのでオオスズメバチの女王と思いました。

今の時期にウロウロと地面にいるのは女王蜂でしょう・・・
女王蜂が出現するのはゴールデンウイークあたりですが、暖かい日が続いていたかも知れません。

ひとごとのように記していますが、2年ほど経過していて画像だけでは思い出せないのです。
最近、月日の経つのが特別早く感じられ、忘れることはそれ以上に早くなってしまいました。

そのひとの年の分だけのスピードで時間が経過していく法則があるので仕方がないですね。
ジャネの法則(ジャネーの法則)とかいうらしいです。
自然現象だから仕方がないけど、困ったものです ┗(-_-;)┛

ゴールデンウイークあたりに2回ほどアリの女王にも遭遇したのですが、ハチかと思うほど大きかったです。
多分クロオオアリの女王と思うのですが、70年近くも生きていても、まだまだ知らないことがいっぱいです。

オオスズメバチの女王と断定してしまったけれど、間違っていたら速やかに直しますね。
いろいろなスズメバチに遭遇しているので、慌てていないつもりでもあまりにも大きかったのでビックリしてピンボケでした。
関連記事 
スズメバチ (ヒメスズメバチとモンスズメバチ)

この女王バチはメギとヒペリカムの間の地面を数分ウロウロしていました。
多分巣を作るのに適しているかどうかの様子見だったのでしょうか・・・
ほどなく飛んでいったので、ほっとしました。
巣を作られたり、刺されたら大変ですが、反面ハチ類はかなりの数の害虫を捕獲してくれるのですよ。
2014-4-24
_DSC0022◎-2014-4-24-2.jpg


8~9月の大所帯になったときは巣があれば要注意です。
巣を守るために特別凶暴になります。
が、これまでの経験ではエサを求めているとき、水飲みに来ているときなどはむやみに襲ってはきません。
(過信は禁物ですが)
わが家に毎日水を飲みにきているスズメバチがいるのですが、用を済ますとすぐに飛び去ります。
たぶんそれはコガタスズメバチかと思いますが・・・

大きさは違いますが、コガタスズメバチはオオスズメバチと似ているのです。
写真だと後に大きさがわからずに迷ってしまいます。
コガタスズメバチとオオスズメバチの見分け方は頭楯がオオスズメバチが2個で、コガタスズメバチは3個ということです。
実際には見比べると大きさが違いがあるのでわかりますが・・・
こちらは道路に死んでいたスズメバチ。
2011-10-23
IMG_8491-10-23-1.jpg


頭楯(とうじゅん)が2個で、単眼があるところが黄色なのでオオスズメバチかと・・
2011-10-23
IMG_8490-10-23-1.jpg


中央が頭楯(とうじゅん)です。山が二つある筑波山を逆さにした形です。 
2011-10-23
IMG_8490-10-23-2.jpg

生きているオオスズメバチの頭楯を写すのは至難の業ですが、たまたま道路に死んでいたので、ピンオケですが撮ることができました。