育て方.jp|花、野菜の育て方など

This page:育て方.jp|花、野菜の育て方などTOP > 草花  タ~ワ行

草花  タ~ワ行

斑入り観賞用とうがらし「パープルレイン」

斑入り観賞用とうがらし「パープルレイン」,花壇

これはパープルフラッシュかと思っていましたが、パープルレインかも?
ほかにもいろいろ悩みましたが、果実の違いに気づいたのです。
パープルフラッシュは丸い形の実、パープルレインは上向きで細長の実なのです。
自己判断でパープルレインに決まりです。

観賞用とうがらしはいいですね。大好きです。
果実も上向きタイプ、下向きタイプあり、形も細長や丸いのがあります。
葉も黒っぽいのや紫、斑入りなどがあり、変化に富んでいます。


斑入り観賞用とうがらし「パープルレイン」
観賞用とうがらし「ブラックパール」とはまた違う魅力があります。
斑入り種の観賞用とうがらしは涼し気な葉で夏~秋の花壇にぴったりです。
2013-9-23
_DSC0021-2013-9-23-3.jpg


ちなみにこちらは入手時のパープルレインです。
7月下旬に入手してから、2ヶ月足らずで上のようになりました。
2013-7-30
_DSC0147-2013-7-30-1.jpg

翌2014年のこぼれ種からのパープルレインです。
これは発芽してから葉を見て選び、花壇に植えました。
2014年の花壇は白とブルーの色がテーマだったのです。
左の赤いケイトウの奥の白い部分と右側がパープルレインです。
この画像の見えない右側もこの面積ぐらいの白とブルーの草花があります。
ペチュニア ブリエッタ・アメジストブルーサルビア・フォリナセア(ブルーサルビア)ベロニカ・ハミングバードなどあります。
↓右側の花壇の大きな画像があります。
アンゲロニアの咲く夏の花壇
2014-9-28
_DSC0006◎-2014-9-28-2.jpg
花壇はとてもきれいで満足しましたが、残念ながらカメラの腕が・・・(T_T)
白や黒を撮るのは技術が必要なようで、いつも残念な結果になってしまいます。
願わくばプロ用のカメラ、プロの技術で感動の写真が撮りたい (〃^_^〃)

ペチュニア ブリエッタ・アメジストブルー栽培記

ブリエッタ・アメジストブルー栽培記,切り戻し,ピンチ,小輪多花のほふく性

ペチュニア ブリエッタ・アメジストブルー
花壇にさし芽のブリエッタ・アメジストブルーを植えたものです。
2014-8-19
_DSC0237-2014-8-19-1.jpg

ブリエッタ
ナス科 ペチュニア属
花期 4~10月

アメジストブルーの名が付いたブリエッタ。とても爽やかで涼しげな色です。 
ブリエッタは、第一園芸が開発した小輪多花のほふく性を持つペチュニアのことです。

最初のピンチ(摘心)を行なうだけで、あとは自然と枝分かれしていきます。
手間もかからないし、高温多湿や低温にも比較的強く、耐病性も高いと初心者や忙しいかたには嬉しいですね。
以前に育てたことがあるカリブラコア・ミリオンベルより少し大きめな花です。
関連記事 ミリオンベルの画像と育て方

紫色を帯びた水晶をアメジストブルーというそうですが、宝石にはとんと縁が無いので、可愛いこの花を見て想像しましょう・・・
夏の花壇にブルーの草花を植えたいと考えているかたには、このブリエッタ・アメジストブルーがおススメの草花ですよ。

ブリエッタ・アメジストブルー栽培記
花が咲いているのをカットするのは忍びませんが、早速切り戻ししました。
ペチュニアやカリブラコアは切り戻しや摘心(ピンチ)は必須。
関連記事 ペチュニアの育て方

摘心(ピンチ)後、約10日経つとわき芽が伸びだしてきます。
2014-5-7
_DSC0018-2014-5-7-1.jpg


切り戻したほうを捨てずにさし芽しておいたものです。
2ヶ月足らずで、結構根も張って花も咲いています。右はさし芽しただおん鉢。
芽が伸びてから、1~2度ぐらい薄めた液肥をさし芽にしています。
もう少し早めに植え替えたほうが良いと思います。
2014-6-18
_DSC0242-2014-6-18-1.jpg


手前の小さな苗8本がブリエッタ・アメジストブルーです。
まわりにはベロニカ ハミングバードやレースラベンダー、細長い葉はヘメロカリスです。
2014-6-18
_DSC0253-2014-6-18-1.jpg

プルメリア栽培記  育て方・管理

プルメリア栽培記, 育て方・管理,

我が家(つくば市)のプルメリアは長女からもらったもので品種はわかりません。
関連記事 熱帯花木 プルメリア
記事が長くなり、わけました。プルメリアの育て方

育て方もよくわからないまま真冬でも出窓に置いたままで管理。
そこは日中はよく日が当たるので気温が上がるのですが、夜間は暖房なしでかなり冷え込むと思います。
冬は葉は落ちてしまいましたが、6月になると新芽が出てきました。
品種によって耐寒の温度が違うかもしれませんね。
プルメリアは南国の花なので、冬の間は休眠状態になるとのことです。
2014-6-8
_DSC0012-2014-6-8-1.jpg

2014年初夏~秋までは鉢植えのまま軒下で管理していましたが、とうとう花が咲きませんでした。
日光不足? 夏は軒下はそれほど直射日光が当たりません。明るい日蔭程度です。
または肥料不足? 液肥はほんの少しだけだったかもしれません。


*******************************


プルメリア栽培記 2015年
鉢植えだと水の管理も面倒だし、夏の間だけ花壇に植えることにしました。
植えてから1ヶ月過ぎたところです。
左上からコニファー・フィリフェラオーレア、ブロックスに絡まっているピンクの葉はハツユキカズラ、右端の白い花は宿根フロックスです。
左下はユーホルビア・地中海スパージウールフェニー?かな。
黄色の葉はサルビア・ゴールデンデリシャス、手前右側の細長葉はこの後に畑に植え替えたコバルトセージです。
2015-7-18
DSC_0346-2015-7-18-1.jpg